ナースの不満で転職

分類、判定

子供の気管支喘息の発作の程度

小児アレルギー研究会重症度判定委員会基準の子供の発作の程度です。

 
呼吸の状態
生活の状態
遊び
睡眠
機嫌(会話)
食事
小発作 軽い喘鳴はあるが呼吸困難はなく、軽い陥没呼吸を伴うこともある。 普通 普通 普通に話をする 普通
中発作 明らかな喘鳴と陥没呼吸を認め、呼吸困難がある。 やや困難 時々眼を覚ます やや不良、話しかければ返事をする やや不良
大発作 著名な喘鳴、呼吸困難、起坐呼吸を呈しときにチアノーゼを認める 不能、またはそれに近い状態 不能、またはそれに近い状態 不良、話しかけても返事ができない 不良、またはそれに近い状態

1.発作の程度は主に呼吸の状態で判定する。他の項目は参考事項とする。
2.呼吸音源弱、意識障害(興奮、意識低下、疼痛に対する反応の減弱など)は危険な兆候である。

陥没呼吸とは息を吸い込むとき胸の一部が陥没する呼吸。
起坐呼吸とは呼吸困難が臥位で増強し、起坐位または半坐位で軽減する呼吸。

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、ナースコンシェルジュ

2位、ナースフル