ナースの不満で転職

分類、判定

慢性腎炎の判断基準

慢性腎炎の判断基準と腎臓の構造についてご紹介します。

  1. 急性腎炎の発症から異常尿所見、または高血圧が1年以上持続しているもの
  2. 発症に、明らかな急性腎炎症状を欠くが、異常尿所見が1年以上持続して存在するもの
  3. ただし、慢性腎炎以外で、異常尿所見または高血圧を露呈する下記の各疾患を除く
    1. 膠原病(全身性エリテマトーデス、結節性多発性動脈炎)
    2. 糖尿病性腎症
    3. 痛風腎
    4. 本態性高血圧
    5. 腎血管性高血圧
    6. その他(原発性アルドステロン症、アミロイドーシス、のう胞腎、妊娠腎など)

腎臓の構造

腎臓は後腹膜腔にあり、脊柱を挟んで左右に1個ずつある。 腎臓を構成する要素は糸球体、尿細管、集合管。 尿素生成するのは腎小体、尿細管でネフロンと呼ばれる。

腎臓の機能

  1. 老廃物の排泄
  2. 水と電解質の調整
  3. 浸透圧の調整
  4. 酸塩基平衡の維持

尿の生成

腎臓はネフロンを介し、3つの仕組みで尿を生成して排出する。

  1. 糸球体における濾過
  2. 尿細管における再吸収
  3. 尿細管における分泌

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、ナースコンシェルジュ

2位、ナースフル