ナースの不満で転職

分類、判定

新しい慢性肝炎の診断基準

新しい慢性肝炎の診断基準(犬山シンポジウム1994)

慢性肝炎とは6か月以上の肝機能異常とウイルス感染が持続してる病態をいう。
組織学的には門脈域にリンパ球を中心とした細胞浸潤があり、実質内に種々の程度の肝細胞変性・壊死をみとめる。
炎症・壊死の程度により、活動性(active:Ac)と非活動性(inactive:InAc)に区別される。
すなわち、。活動性の評価はpiecemeal necrosis、
小葉内細胞浸潤と肝細胞の変性ならびに壊死(spotty necrosis , bridging necrosis など)で行う。
さらに線維化Fの程度により、F0〜F3まで4段階に区別する。

  • F0:線維化なし
  • F1:門脈域の線維性拡大
  • F2:bridging fibrosis
  • F3:小葉のひずみを伴うbridging fibrosis

表記法

  • Chronic hepatitis active,F3:CH(Ac/F3)
  • Chronic hepatitis inactive,F1:CH(InAc/F1)

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、ナースコンシェルジュ

2位、ナースフル