ナースの不満で転職

分類、判定

尿検査 外観 尿色調

尿の色は通常、麦わら黄色から淡黄褐色(コハク色)。
尿の色調異常は諸種の原因で起こる。

尿の色調異常と原因

色調 原因
無色 尿崩症、萎縮腎、糖尿病、のう胞腎
赤褐色 ウロビリン体(熱性疾患、うっ血尿、肝疾患)
鮮紅色 ヘモグロビン、ミオグロビン(横紋筋融解症等)、薬剤(アミノピリン、フェニトイン)
赤葡萄酒色 ヘマトポルフィリン、ポリフィリン
暗赤褐色 ビルビリン(肝炎、溶血性貧血)
褐黒色 薬剤(L−ドーパ)、ヘマチン、メラニン
橙色 大黄、センナ、サントニン
乳白色 脂肪球、膿球

※ベサフィブレート、HMG-CoA還元酵素阻害薬、向精神薬、ニューキノロンなどによる副作用としても横紋筋融解症が知られている。
横紋筋融解症は、CK,AST,ALTの上昇、腎機能低下とともにミオグロビン尿が特徴的にみられる。

横紋筋融解症とは、横紋筋の筋肉が融解して細胞にしみだす病気。
手足がしびれたり、力が出ない、こわばったり、傷んだり尿の色が鮮紅色になったりする。

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、ナースコンシェルジュ

2位、ナースフル