ナースの不満で転職

分類、判定

尿のpHを変動させる薬剤

尿 pH:urine pH 4.5〜7.5(6.0)
一般に動物性食品を摂取すると酸性となり、植物性食品を多食するとアルカリ性に傾く。
酸度の高い尿は色が濃く、低い尿は色が薄い。

臨床的意義 ↑上昇させる病態、↓低下させる病態

↑ 代謝性アルカローシス、呼吸性アルカローシス
↓ 代謝性アシドーシス、呼吸性アシドーシス

高尿酸血症の時は、尿路結石防止で、尿酸を排出させるため尿をアルカリ化する。
MTX(メトトレキサート)の大量療法で尿をアルカリ性にして排泄を促進し、結晶化を防止する。
サリチル酸は尿のアルカリ化で排泄促進。
フェノバルビタールは尿のアルカリ化で排泄促進、酸性化で排泄遅延。
メキシレチンは尿のアルカリ化に相応して腎クリアランスは低下する。

尿のpHを変動させる薬剤

酸性化剤 アルカリ化剤
アスコルビン酸
アスピリン
塩化アンモニウム
塩酸アルギニン
高カロリー輸液
サリチル酸
メチオニン
アセタゾラミド
クエン酸ナトリウム
炭酸カルシウム
炭酸水素カルシウム
炭酸水素ナトリウム
チアジド系利尿薬
乳酸ナトリウム
ウラリットU

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、ナースコンシェルジュ

2位、ナースフル