ナースの不満で転職

分類、判定

いろいろなじょくそう分類 Sea Campbell IAET NPUAP RYB 色による分類

Sea分類 1975年

  • 1度:紅斑あるいは表皮の欠損(真皮は露出しても欠損していない)
  • 2度:表皮と真皮の欠損(皮膚組織は露出していても欠損していない)
  • 3度:表皮、真皮、皮膚組織の欠損(筋膜は露出していても欠損していない)
  • 4度:筋膜を突き破った褥瘡(筋や骨に至る褥瘡)

Campbell分類 1983年

  • 1度:圧迫解除すれば消失する発赤
  • 2度:発赤、腫脹、硬結などを認めときに水疱形成が見られる
  • 3度:皮膚壊死が生じ皮膚脂肪組織が露出
  • 4度:皮下脂肪組織まで壊死が進行し筋肉組織が露出
  • 5度:筋肉まで壊死が進行
  • 6度:骨に炎症が波及
  • 7度:骨髄炎や化膿性関節炎などの合併、病的骨折、敗血症や死亡の危険がある

IAET分類 (international associatision foe enterostomal therapy)1988年

  • ステージ1:圧迫除去後30分以内に消失しない発赤、表皮は損なわれていない
  • ステージ2:表皮あるいは真皮にいたるが皮下組織に至らない皮膚の欠損。発赤(紅班)を伴う水疱や高潔も含む、創低は浸潤でピンク色で痛みを伴う、壊死組織はない
  • ステージ3:真皮を超え皮下組織にいたる全層欠損。瘡皮で覆われていなければ浅いクレーターになっている。壊死組織ポケット形成皮下交通浸出液が見られ幹線を伴う可能性がある。創低は通常痛みを伴わない
  • ステージ4:皮下組織を声、筋膜筋層関節骨に達する深い組織欠損、壊死組織、ポケット形成、皮下交通、浸出液がみられ感染を伴う可能性がある。創低は通常痛みを伴わない

NPUAP(national pressure ulcer advisory panel 分類 1989年

  • ステージ1:表皮の損傷を認めないが、発赤部分は押しても蒼白に反応しない。皮膚海洋に進行する直前の状態
  • ステージ2:部分層損傷、で皮膚の損傷は表面的である。表皮薄利、水泡、浅い潰瘍の状態
  • ステージ3:筋膜まで及ぶが筋膜をこえない皮下組織にいたる全層創傷で組織の壊死や損傷を含む。深さのあるクレーター状でポケットが見られることもある。
  • ステージ4:皮膚全層の欠損に加え、広範な組織破壊、壊死、さらに筋肉 骨 支持組織にも及ぶ。ポケットの形成や広範囲の空洞が見られる。

the red yellow black(RYB) color concept 1988年

  • 赤色層:創に適切な浸潤状態を維持する
  • 黄色層:過剰な浸出液を除去する
  • 黒色層:壊死組織を除去するために創を浸潤させる

じょくそうの色による分類 福井、1993年

  • 黒色期:層の表面に瘡皮が形成されている状態。皮膚及び皮下組織が壊死している。
  • 黄色期:瘡皮が除かれ創表面に黄色の壊死組織、不良肉芽、膿などが現れた状態。一般に大量の浸出液を伴い、また感染の危険性も高まる
  • 赤色期:壊死組織が除かれ赤いか粒状の肉芽組織が増殖してくる状態
  • 白色期:赤尾組織が組織欠損を埋めるにつれ、創縁より表皮形成が始まる。この上皮は周囲の皮膚より白っぽいのが特徴

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、マイナビ看護師≪登録無料≫

2位、看護のお仕事