ナースの不満で転職

分類、判定

ショックの診断基準

ショックの基本徴候

低血圧、頻脈、皮膚の蒼白、発汗、末梢チアノーゼ、過呼吸、意識障害、欠尿

心源性ショックの診断基準

1971年、米国National Heart and Lung InstituteのMyocardial Infarction Researth Unit (MIRU)いよる診断基準。

  • (1)収縮期圧90mmHg以下、または前値より30mmHg以上の低下
  • (2)血流量減少の所見、これは以下の3つの項目をすべて満たす。
    • a)尿量が20ml/hr以下
    • b)意識障害がある
    • c)末梢血管収縮の所見、すなわち、皮膚が冷たく、かつ湿潤(ただし疼痛、薬物、出血による血圧低下を除き、代謝性アシドーシスなどの臓器潅流不全が不整脈、迷走神経緊張状態などを直接原因とせず、30分以上持続するとき)

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、ナースコンシェルジュ

2位、ナースフル