ナースの不満で転職

外来ナースの雑用使いにされた

採血の取り帰りと採血の裏技

病院のナース言葉のご紹介です。
採血とり帰りとは診察後採血して帰ること。
次回診察時結果説明する。

採血を取り帰りをする理由としては

検査結果が長くかかる採血項目をしたり
結果が出るまでの時間が待てなかったり、待つ必要がなかったり
外注で今日結果が出ないなど

その場合、外来迅速検体検査は算定できない。

採血の裏技

縛りすぎない
時間かけて取りすぎたら溶血する
腕は心臓より下の方がいい
叩きすぎない(痛いから、叩いても血管出てこない)
グーでしごくのがいい
暖める。血管が出てくる
浮腫がある人は先に包帯で圧迫する
アルコール綿で拭いたら血管が出てくる

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、ナースコンシェルジュ

2位、ナースフル