ナースの不満で転職

血液検査生化学検査

CRP 疑い病名

CRP(C-reactive protein)、16点
正常範囲0.0〜0.5
急性相反応蛋白(acute phase reactive proteins)の1つで、 感染症や炎症、外傷、組織破壊などによって血漿中に増加する蛋白。
他の急性相反応蛋白に比してその変動幅が大きく、血中濃度の変化も迅速に病態を反映する為、急性炎症や感染症に対する最も信頼性の高い指標とされている。
適応疾患・各種感染症、炎症、組織破壊疾患(膠原病、癌、心筋梗塞など)、外傷(熱傷、手術後)

レセプト疑い病名

炎症の指標を示すCRP。特に疑い病名は必要ない。

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、ナースコンシェルジュ

2位、ナースフル