ナースの不満で転職

血液検査生化学検査

コリンエステラーゼ 疑い病名

コリンエステラーゼ(cholinesterase ChE)、11点 正常範囲206.0〜477.0

コリンエステラーゼには、神経組織、赤血球などに存在して神経伝達物質アセチルコリンAChを酢酸とコリンに 分解する真性コリンエステラーゼと、肝臓、血清などに存在してAChを含む様々なコリンエステル類を分解する 偽性コリンエステラーゼがある。
臨床検査で測定されるのは後者である。
ChEは肝細胞で合成され、血清アルブミン濃度とは高い相関性を示し、肝実質機能マーカーとなる。
肝障害や栄養障害では低値を示す。
また有機リン剤農薬中毒やサリン中毒で低値を示す。
適応疾患・ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症、脂肪肝、肝硬変症、慢性肝炎、肝癌、栄養失調、消耗性疾患、粘液水腫、農薬中毒、サリン中毒

レセプト疑い病名

特につけなくていい項目。

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、ナースコンシェルジュ

2位、ナースフル