ナースの不満で転職

血液検査生化学検査

総蛋白 疑い病名

総蛋白(total protein TP)、11点
正常範囲6.7〜8.3
血清中には100種類に及ぶ蛋白が存在し、その総量を総蛋白という。
臨床的には高蛋白血症、低蛋白血症の有無を知るために行う。
適応疾患・脱水症、多発性骨髄腫、原発性マクログロブリン血症、肝硬変症、慢性炎症性疾患、 (全身性エリテマトーデス、関節リウマチなど)、ネフローゼ症候群、(重症)肝障害、 蛋白漏出性胃腸症、吸収不良症候群、栄養障害、無ガンマグロブリン血症、低ガンマグロブリン血症、 血液希釈、急性希釈性低ナトリウム血症。

レセプト疑い病名

蛋白の指標を示すTP。特に疑い病名は必要ないが、健診等で尿蛋白などが主訴の場合は、ネフローゼ疑いなどつけざるをえない。

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、ナースコンシェルジュ

2位、ナースフル