ナースの不満で転職

日勤のみ老人ホームナースという選択

老人ホームではナースは指導の立場

老人ホームで働く看護師は指導の立場です。
看護師の資格を持つ人は老人ホームでは少ないため、最小限で職場を回すことになります。
ですから、老人ホームでの看護師の仕事は看護だけではなく、人の勤務スケジュール調整も重要です。
自分が休むとき、人が休むときはうまいこと人を埋めないといけませんから。

老人ホームのナースは医療行為はしない?

よく、病院ではないので医療行為はしないと思いがちですが、実際は点滴や注射も行います。
往診の補助なども業務です。
状態の悪い人を受け入れた場合は、往診の先生の指示で医療行為や見守りも必要になってきます。

ナースはヘルパーへの指導も

老人ホームではヘルパーがたくさん働いていますよね。
資格がいらないもんですから、他業種異業種からの転職組が多く、医療(血圧の再検など)を知らなかったり、機械の使い方(サーチレーションの計り方など)、病名などもわからなかったりします。
そういった転職組み介護者にも指導(OJT)してあげるのも国家資格取得者のしごとでもありますよね。
(病院ではヘルパーは介護と業務が限られているが老人ホームは看護師が最低限しかないため頼まなければならない。)

介護職は夜勤できないと正社員になれないです。 さらに、老人ホームは施設長は看護師よりも給料が低く、そういった面で頑張らないといけないという感じではあります。

病院では医者や事務長、看護部長などが上司に当たりますが、老人ホームはもっとフラットな働き方ができて気分も楽かもしれません。
ですが、看護師としての力を発揮するというよりかは、看護師の経験者が老人ホームをよくして、 利用者が生活しやすいように、安心できるようになるための、介護者への指導も仕事のうちといえそうです。

それが求められる資質といえそうですね。

まず応募されてはいかがでしょうか?

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、ナースコンシェルジュ

2位、ナースフル