ナースの不満で転職

日勤のみ老人ホームナースという選択

老人ホームの点滴が難しい理由。詰まる、むくむ

老人ホームで点滴で血が噴き出た。
点滴のルートが詰まって横からピュッて出るやつです。

点滴はすぐにへパロックや生食を流さないと血管ルートが詰まる

もうそのルートは使えなくなる。
新たにルート確保する必要がある。
老人ホームでは血管が見つからない、カラカラな高齢者が多いから大変。

動脈血に間違って針を刺すことも

ちなみに間違って点滴を動脈に刺すナースもいるそうです。
動脈ならやばい天井まで行くという話。

動脈は英語でarteryといいます。
医者がCVいれるとき、Aや Aやと言ったりします。
(CV … central venous 中心静脈)
それは動脈を間違って見つけた時です。

むくんでいても点滴を取りにくい

栄養状態が悪いとアルブミン、トータルプロテインが低いとむくむ。
あっためたり包帯を巻いたり縛り付けて叩いたりする。

老人ホームの点滴が難しい理由

物品がない。
注射針も余裕がない。
安全防止装置ついてない。
逆流防止弁もついてない。
小児用の輸液セットがない
点滴500mlを24時間で落としたりする。
老人ホームに訪問診察する外部の医者の往診セットを準備したり。

別に悪いというわけではありません。
老人ホームでは医療機関のように物品は揃っていない。
その中でどういった医療を提供できるかという腕がかかってくる。
そういうやりがいはあるかも。

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、ナースコンシェルジュ

2位、ナースフル