ナースの不満で転職

薬剤

癌性疼痛 治療の進め方と痛みの種類

癌性疼痛 治療の進め方

  1. がん患者の痛みの治療は可能であり、痛みの訴えには必ず対応する。
  2. 適切な鎮痛薬の十分量を正しい時間間隔で投与する。
  3. 頓用しない。
  4. WHO3段階疼痛治療ラダーにそって薬を選択する。ある薬が効果不十分なら必ず血段階強い効果のある薬に切り替える。
  5. 麻薬ごとにモルヒネ使用の可否は予測される余命の長さ短さではなく、痛みの強さで決める。
  6. 個々の処方を単純化し、配合剤は使用しない。
  7. 鎮痛薬の副作用に対する防止策を確実に実施する。
  8. できる限り頻回に患者を訪問し、投与中の鎮痛薬処方の除痛効果、副作用をチェックする。

痛みの種類と治療法

痛みの種類 治療法
身体的痛み
(侵害因子受容性)
nociceptive
筋収縮 理学療法、ジアゼバム、非アヘン系鎮痛薬
組織の痛み 鎮痛薬
神経圧迫 鎮痛薬、コルチコステロイド、神経ブロック
痛覚求心路遮断(神経破壊) 抗欝薬、抗痙攣薬
麻薬、コルチコステロイド、神経ブロック
コルドトミー(脊髄前側索切除術)
注意:末梢神経病変のときに有効で、脊髄病変には無効

WHO3段階治療ラダー

  • 痛み
    • 第一段階 非アヘン系鎮痛薬 ±鎮痛補助薬
      • 第二段階 弱作用アヘン系麻薬 ±非アヘン系鎮痛薬
        • 第三段階 強作用アヘン系麻薬 ±非アヘン系鎮痛薬

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、ナースコンシェルジュ

2位、ナースフル