ナースの不満で転職

病棟師長、看護部長の性格が悪い転職

病棟師長の性格が悪いと仕事が楽しくなくなる

病棟師長の性格が悪いと、毎日の仕事が本当に楽しくなくなります。
精神衛生上非常によくないです。

嫌がらせ無視に留まらず、評価下げ、仲間はずれ。
ナースを奴隷のようにしか思ってない頭がおかしい病棟師長がいる病院もブラックです。
それがわかったら転職の時かもしれません。

だから、転職エージェントとの繋がりは、転職に成功しても置いておきましょう。

看護部長の性格が悪いと、自分の仕事人生プランに影響

看護部長の性格が悪いと、自分の人生プランが立てれなくなります。
いうことを聞かせることが第一だと思っている性格だと、要望を聞いてくれない。
こういうことを経験したいから異動したいだとか、
キャリアアップ教育をしない看護部長のいる病院は最悪です。

その日暮らしの毎日で、退職者の入れ替えが多く、今の看護配置が限界。
それお前のせいですから。お前の性格が悪いからみんな逃げるんだよ。

女性のナースには未来がある。
子育て、育児、出産、キャリア育成。
だが未来が見えない看護部長。

そろそろ転職の時期かもしれませんね。

病棟師長、看護部長の性格が悪い転職

ワークスタイル、ライフスタイル転職

働く女性のワークスタイル、ライフスタイルに合わせた転職をサポートしてくれる、転職業者と相談するのをお勧めしますね。病院によって自分の人生を左右される仕事ではせっかくナースの仕事をしている意味はない!
ランキング形式にしてご紹介します!

1位、ナースコンシェルジュ

2位、看護のお仕事